« カンボジアへ初の直行便が就航 | トップページ | 農村で暮らす子どもたちの日常は? »

2016年9月26日 (月)

9月はお盆モードのカンボジア

 9月8日~22日、我ながら飽きず懲りず、今年5度目のカンボジア訪問を終えた。あとは11月の「カンボジアふれあいの旅」による訪問を残すばかりとなった。

 隔月のカンボジア往復は体力的に厳しくなってきた矢先、今月からANAの直行便が成田⇔プノンペン間を毎日1往復してくれることになり、初老の身にとり涼しい追い風となった。

 初の直行便はとても良かった。9月行きの8日は50パーセントの乗客率だったが、帰りの21日はほぼ満席となり、やや息苦しかったものの、今後の継続的就航を願う身としてはホッと一息である。

 9月は例年だと日本人の渡航が少ないのだが、やはり直行便効果か、本会会員さんだけでも10人以上がカンボジアを訪問してくれた。

 私も、気候が暑くなかったこともあり、元気に活動することができた。里子を訪問し、里親さんから預かったプレゼントを届けたり、井戸の贈呈式に出席したり、日本から同行したお客様のアテンドをしたりと、休む間もなく2週間の滞在を有意義に過ごした。

20160926_001
【里親さんと共に里子訪問】

20160926_002
【高等学校に井戸を寄贈】

 しかし、肝心のカンボジアといえば、子どもたちは日本の夏休みに当たる「長いお休み」期間中、大人は半月の長きに亘るお盆モード一色だった。お寺のスピーカーから流れる読経や音楽が、どこからともなく聞こえてきた。さすが名実ともに仏教の国。

 9月のカンボジアは暑からず涼しからず、昼間は30度を超えたが、朝晩は涼しく快適だった。雨季のため、夕方になるとスコールがあり、雨後は空気が澄みわたって気分も最高だった。

 15日の十五夜は、残念ながら曇り空で満月を拝むことは叶わなかったが、日本のお団子に代わる月餅を食べて満足した。

          2016年9月26日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« カンボジアへ初の直行便が就航 | トップページ | 農村で暮らす子どもたちの日常は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月はお盆モードのカンボジア:

« カンボジアへ初の直行便が就航 | トップページ | 農村で暮らす子どもたちの日常は? »