« 農村で暮らす子どもたちの日常は? | トップページ | 9月は大勢の会員さんがカンボジア訪問 »

2016年10月 7日 (金)

秋は国内活動の季節

 奇数月の9月と11月はカンボジア訪問だが、合い間の10月は対外イベントに参加する機会が多く、広報活動に最適の月である。

 10月1日~2日、恒例の「グローバルフェスタJAPAN2016」が都内の「お台場センタープロムナード」で開催、本会は2002年より15回連続で出展した。

 会報を配布し、ブース内に掲げた写真、ポスターなどの説明を行った。2日間通じ、10人の会員さんがボランティアでお手伝いしてくれた。

 主催者側が企画した活動報告会に、本会は初参加した。根岸理事長が約30分間、現地での活動を中心に報告、約20人が参加した。

 外務省が主催した写真展にも参加、5月に亡くなった鈴木千雄さんを偲び、夢ホームで、鈴木さんが板金加工技術を子どもたちに指導している写真を送ったところ、厳正な審査の結果、展示が承認された。(残念ながら、入選には至らなかった)

 10月2日、「世界の恵まれない地域に小学校を作る会」及び「新津ライオンズクラブ」が共催し、新潟出身のシャンソン歌手、文太郎さんのチャリティーコンサートが「新潟テルサ・大ホール」で開催された。

 同コンサートの収益金で、本会を通じカンボジアに小学校を建設することが決まっており、昼夜2回開催されたコンサートの冒頭に、建設資金の贈呈式(目録贈呈)があり、根岸理事長が受け取った。
 来年5月、同会がカンボジアを訪問し、小学校の贈呈式を行う予定。

 10月はほかにも、16日に第39回「練馬まつり」(会場=としまえん)があり、本会も出展する予定。

20161010_001
【会員の皆さんが手伝ってくれた(10月1日)】

20161010_002
【本会の隣のテントで行われた活動報告会】

20161010_003
【故鈴木千雄さんの写真が展示された】

20161010_004
【新潟で行われたチャリティコンサート】

          2016年10月10日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 農村で暮らす子どもたちの日常は? | トップページ | 9月は大勢の会員さんがカンボジア訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋は国内活動の季節:

« 農村で暮らす子どもたちの日常は? | トップページ | 9月は大勢の会員さんがカンボジア訪問 »