« チャリティーコンサートで小学校建設資金の目録贈呈 | トップページ | 継続することに意義がある »

2016年10月26日 (水)

ウオッチカンボジア(最近のカンボジア事情)

【「サンライズ・ジャパン・ホスピタル」の開院式にフンセン首相が出席】
 9月20日、同病院の開院式がプノンペン市内で行われ、カンボジア政府を代表して、フンセン首相が出席した。
 日本からは、小田原外務政務官が出席した。
 同病院は、医療法人社団北原国際病院(東京都八王子市大和田町)を経営する北原茂実理事長が、日本政府等の支援を受けて設立した。
 開院式の出席者は1,000人を超えた。
20161031_001

【カンボジア総合情報誌「クロマーマガジン」が休刊】
 2006年の創刊以来10年間にわたり、カンボジア旅行の総合雑誌として発行を続けてきた同誌が一時休刊することになった。
 インターネットによる新たな情報メディアの進展に押された格好になった。
 今後は、別な形で情報発信を継続するという。
20161031_002

【回転寿司ならぬ、回転しゃぶしゃぶがブーム】
 プノンペン市内で流行っているのが、日本の回転寿司をまねた「回転しゃぶしゃぶレストラン」。食材がくるくると回ってくるので、好きな物を取ってはお鍋に入れ、おいしくいただくシステム。もちろん食べ放題、飲み放題。(アルコールは有料)
 値段も約1,000円程度なので、カンボジア人客も多い。
20161031_003

【メータータクシーの時代に】
 カンボジアの首都・プノンペンや第二の都市・シェムリアップでは、トウクトウクに代わる乗り物としてメータータクシーが利用され始めた。
 ひと昔前はシクロだったが、やがてトウクトウクに代わり、とうとうカンボジアもタクシーの時代に。
20161031_004

【「牛に注意」の標識】
 日本ではお目にかからないが、カンボジアでは「牛に注意」の標識をよく見かける。カンボジアの道路は車優先ではなく、牛の道路横断が優先される。誤って牛を轢くと高額な罰金が科せられるそうだ。
20161031_005

          2016年10月31日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« チャリティーコンサートで小学校建設資金の目録贈呈 | トップページ | 継続することに意義がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウオッチカンボジア(最近のカンボジア事情):

« チャリティーコンサートで小学校建設資金の目録贈呈 | トップページ | 継続することに意義がある »