« 第9回コンポンスプー県小学校対抗サッカー大会 | トップページ | 神戸ユネスコ協会がカンボジア訪問 »

2016年11月24日 (木)

パンクラッチ村で小学校の校舎建設が開始

 「世界の恵まれない地域に小学校を作る会」(新潟市秋葉区、石川幸夫代表)と「新津ライオンズクラブ」による資金協力のもと、カンボジアのパンクラッチ村(プレイベーン県)で小学校の校舎及びトイレ棟の建設工事が始まった。

 11月10日、その着工式が行われ、日本から根岸理事長、及川英博理事(岩手県奥州市、里親会員)、遠藤啓さん(静岡県伊豆の国市、会員)の3人が出席した。
 着工式は仏式で行われ、地元の住民、生徒ら約100人が出席した。

 校舎は平屋の3教室でレンガブロック造り、机などの備品はパンクラッチ村が資金を提供した。

 トイレ棟は、千田貞四郎さん(岩手県奥州市)と及川弘子さん(岩手県奥州市、里親会員)の資金提供によるもの。千田さんは及川さんの友人。

 併せて千田貞四郎さんの協力で早々と井戸が完成、その贈呈式も行われた。きれいな水が豊富に出ていた。

 建設工事に先立ち、10月2日、小学校建設資金の調達を目的とし「新潟テルサ」で新潟出身のシャンソン歌手を招き「チャリティコンサート」が開催された。
 その冒頭、建設資金の目録贈呈式があり、根岸理事長が出席して受領した。

 工事は来年3月に終了、5月には日本から石川代表が出席し、新校舎の贈呈式を予定している。

20161205_dsc02650_2
【仏式で行われた着工式】

20161205_dsc02682
【井戸で手を洗い、完成を喜ぶ子どもたち】

20161205_dsc02670
【友人の千田貞四郎さんに代わり挨拶する及川理事】

          2016年12月5日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 第9回コンポンスプー県小学校対抗サッカー大会 | トップページ | 神戸ユネスコ協会がカンボジア訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンクラッチ村で小学校の校舎建設が開始:

« 第9回コンポンスプー県小学校対抗サッカー大会 | トップページ | 神戸ユネスコ協会がカンボジア訪問 »