« パンクラッチ村で小学校の校舎建設が開始 | トップページ | なぜ冷たい社会になってしまった? »

2016年11月28日 (月)

神戸ユネスコ協会がカンボジア訪問

 11月17日~22日、神戸ユネスコ協会(神戸市楠町、加藤義雄会長・法人会員)の皆さん(12人)がカンボジアを訪問、「ストックアイトロミヤ神戸ユネスコ小学校」(コンポンチュナン県、生徒数=165人)、「ソカーオン佐々木小学校」、本会が運営する児童養護施設「夢ホーム」などを訪問した。

 特に11月18日、「ストックアイトロミヤ神戸ユネスコ小学校」に建設中だった図書館がこの程完成、その贈呈式が行われた。

 また、かねてより生徒たちに給食を提供したいという加藤会長の思いに、加藤会長の友人で、プノンペンで「焼肉六甲」を出展している灘本社長(神戸市在住)が応えてくれた。

 同社長のご厚意により、生徒や先生、関係者に肉丼(200人分)が振るまわれた。

 初めて食べる美味しい肉丼、残してはもったいないと、家に持ち帰る生徒が大半だった。
 (日本なら残飯の山になるだろう)

20161212_001
【あいさつする加藤義雄会長】

20161212_002
【肉丼を提供してくれた焼肉六甲の瀧本社長(左から2人目)】

20161212_003
【おいしそうに肉丼を食べる生徒たち】

20161212_004
【完成した図書館で本を読む生徒たち】

 また、「秋田矢留ライオンズクラブ」が提供してくれた学用品を、生徒たちに配った。

 同協会が日本から持参した歯ブラシ(チュウブ入り)セットを生徒たちに配布、歯ブラシの使い方を指導した。

 19 日には、2年前に佐々木テルさんが校舎を寄贈した「ソカーオン佐々木小学校」(コンポンチュナン県、生徒数=100人)を訪問、学用品や歯ブラシ、ボールなどを寄贈したあと、生徒たちと交流した。

 20日には、本会が運営する児童養護施設「夢ホーム」を訪問、しばし交流の時を持った。

 一行は、すべての予定を終了し22日、帰国の途についた。

 モンゴル、中国、ベトナムなどからの留学生も参加、国際色豊かな旅だった。

          2016年12月12日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« パンクラッチ村で小学校の校舎建設が開始 | トップページ | なぜ冷たい社会になってしまった? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸ユネスコ協会がカンボジア訪問:

« パンクラッチ村で小学校の校舎建設が開始 | トップページ | なぜ冷たい社会になってしまった? »