« クメール教育里親基金活動レポート | トップページ | 「味の素グループ労働組合」が遊具と学用品を寄贈 »

2017年1月27日 (金)

カンボジアの小学校に3つの井戸が完成

 1月は、カンボジアの小学校に3つの井戸が完成、根岸理事長らが出席して贈呈式を行った。
 3つの井戸すべてにきれいな水が出て、子どもたちはこぞって水を飲んだり顔を洗っていた。

 今回の井戸設置場所は、すべてコンポンチャム県バーティ郡内の小学校。在日本カンボジア大使館から要請があったもの。

 先ず14日、プレイカオ小学校(生徒数=77人)で贈呈式を実施した。(寄贈者=武藤和義・康代様)続いて19日、プノンビヒア幼稚園(生徒数=80人)とロッド小学校(生徒数=354人)で贈呈式を実施した。

 プノンビヒア幼稚園は根谷崎百合子様が、ロッド小学校は武藤和義・康代様が井戸を寄贈してくれた。

 3校の中で最も遠かったのが「ロッド小学校」。加えて道が悪く、雨が降れば道路が閉鎖になってしまうところ、幸い晴天だったので無事贈呈式を行うことができた。

 カンボジアの悪路は表現に苦しむ。凸凹道なんていうものではなく、車が飛び跳ねている感じがする。それでも、井戸を贈ってくれた日本の方々を思い、必死に耐えている 。喜ぶ子どもたちの笑顔が支えになっている。

20170130_001_dsc03395
【きれいな水で手を洗う子どもたち】

20170130_002_
【村人も沢山集いました。井戸は村人も使えます。】

20170130_003_dsc03435
【立派な井戸が完成しました。】

          2017年1月30日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« クメール教育里親基金活動レポート | トップページ | 「味の素グループ労働組合」が遊具と学用品を寄贈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアの小学校に3つの井戸が完成:

« クメール教育里親基金活動レポート | トップページ | 「味の素グループ労働組合」が遊具と学用品を寄贈 »