« カンボジアの小学校に3つの井戸が完成 | トップページ | 特殊詐欺被害者の8割が65歳以上! »

2017年2月 2日 (木)

「味の素グループ労働組合」が遊具と学用品を寄贈

 1月19日~23日、「味の素グループ労働組合」(東京都中央区京橋)の皆さん(13人)がカンボジアを訪問、本会の仲介により、カンボジアの5つの小学校に遊具を寄贈した。
  現地法人「カンボジア味の素」(プノンペン市内)の皆さんも同行した。

 3つの小学校・中学校では学用品を寄贈し、子どもたちとスポーツや縄跳びをして楽しく交流した。

 21日には本会が運営する児童養護施設「夢ホーム」を訪問、学用品を寄贈して、子どもたちとサッカーをしたり折り紙をして交流した。

 「味の素グループ労働組合」の皆さんは、今年から本会と連携してカンボジアの子どもたちへ支援活動を実施することが決まり、今回は第1回目。今後も年に1度のペースでカンボジアを訪問し、活動する予定。

20170206_dsc03475
【すべり台で遊ぶ子どもたち】

20170206_dsc03504
【子どもたちに学用品をプレゼント】

20170206_dsc03536
【なわとびで楽しく交流】

20170206_dsc03485
【立派なネームプレートができました】

          2017年2月6日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« カンボジアの小学校に3つの井戸が完成 | トップページ | 特殊詐欺被害者の8割が65歳以上! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「味の素グループ労働組合」が遊具と学用品を寄贈:

« カンボジアの小学校に3つの井戸が完成 | トップページ | 特殊詐欺被害者の8割が65歳以上! »