« 第35回「カンボジアふれあいの旅」 | トップページ | あと2基で300基達成! »

2017年3月23日 (木)

これで水不足も解消!

 水道が発達していないカンボジアの田舎では、池や川が水源になっている。雨水も瓶に貯めて大切に使う。

 在日本カンボジア王国大使館(東京都港区赤坂)を通じ、村の池を修復して欲しいとの要請があり現地スタッフが現場を確認したところ、池には水が溜まってなく、再度掘り起こす必要が認められたため、早速工事を開始した。

 工事は約1週間で終了、3月9日、その完成を祝う贈呈式が、池があるお寺の敷地内で行われた。

 式には、第35回「カンボジアふれあいの旅」に参加したメンバーが出席、地元からはウーチ・ボーリット外務省副大臣を始めとする多数の要人が出席した。

 石川桂副理事長(愛知県安城市)と松原睦美さん(函館市)が、池の修復費用を工面してくれた。

 松原さんは毎年10年間に亘り、2基の井戸をカンボジアの小学校に提供しているが、今年は池の修復に力を貸してくれた。

 石川副理事長にも無理を承知でお願いし、資金協力を快諾してくれた。

 水道の蛇口をひねると飲める水が出る、それが当たり前の日本だが、そんな国は世界にいくつもない。多くの国は水不足で、泥水をすすって生きているのが実情である。

20170320_01
【贈呈式には約300人の住民、子どもたちが集った。】

20170320_02
【挨拶するウーチ・ボーリット外務省副大臣】

20170320_03
【感謝状をいただいた(左が寄贈者の石川桂副理事長)】

20170320_04
【修復が終わり水が満杯になった村の池】

          2017年3月20日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 第35回「カンボジアふれあいの旅」 | トップページ | あと2基で300基達成! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/65055021

この記事へのトラックバック一覧です: これで水不足も解消!:

« 第35回「カンボジアふれあいの旅」 | トップページ | あと2基で300基達成! »