« パンクラッチ村に小学校校舎が完成 | トップページ | 日本大使館より晩餐会のご招待 »

2017年5月30日 (火)

子どもの施設らしくなりました

 三林けい子さん(新潟市、里親会員)の友人、櫻井みゆきさんが、本会がカンボジアで運営する児童養護施設「夢ホーム」(コンポンスプー県・児童数=15人)に約1週間泊まり、子どもたちが食事する場所の壁面に、ペンキで漫画を描いてくれた。
 櫻井さんは、5月21日に来園、29日、園をあとにした。

 描いてくれた漫画はドラエモン、鉄腕アトム、アンパンマンなど。子どもたちと一緒に描いたものも数点。

 櫻井さんは以前、プノンペン市内のフリースクール「愛センター」に泊まり、壁面に絵を描いたことがあり、それを見た三林さんが「夢ホーム」にもとお願いし、この程それが実現した。

 櫻井さんは、冬はスキーのインストラクターとして北海道のニセコで働き、春から秋にかけ、日本と季節が反対のオーストラリアで同じ仕事をしている。

 櫻井さんは幼い頃に絵画教室に通って腕をみがいた。その後は絵画を趣味として、色々な場所で絵を描き、社会貢献している。

 「夢ホーム」の子どもたちは、1週間生活を共にした櫻井さんとの別れを惜しんでいた。

20170529_001
【描いた壁面で子どもたちと記念写真(左が櫻井みゆきさん)】

          2017年5月29日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« パンクラッチ村に小学校校舎が完成 | トップページ | 日本大使館より晩餐会のご招待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/65347906

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの施設らしくなりました:

« パンクラッチ村に小学校校舎が完成 | トップページ | 日本大使館より晩餐会のご招待 »