« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月21日 (金)

第36回「カンボジアふれあいの旅」

 第36回目となる「カンボジアふれあいの旅」が7月6日~12日に行われ、一部参加者含む9人が参加した。

  「カンボジアふれあいの旅」の前身、「カンボジア愛と感動の旅」(JTBが主催)を開始したのが2001年7月。同シリーズは9回で終了したが、通算すると足掛け17年、45回目の旅である。

 最近は参加者が減少傾向にあるが、開始当初は定員(30人)を超過し、参加を断らざるを得ない盛況ぶりだった。懐かしい想い出である。

 6日は移動日、7日から活動を開始した。
 7日、「国際ソロプチミスト安城」が小学校に寄贈した井戸の贈呈式に参加、併せて生徒らに学用品を配布した。

 8日、教育里親さんらが2つのグループに分かれ支援する里子の家を訪問、里子と交流しプレゼントを届けた。

 9日、児童養護施設「夢ホーム」を訪問、子どもたちと交流した。

 10日は自由行動日。
 11日、プノンペン市内観光(午後は自由行動)、夕方には空港へ向かい、現地解散した。
 参加者が少ないなりに中身の濃い旅だった。

20170731_dsc04465_2
【小学校を訪問し学用品を配布】

20170731_dsc04475_3
【小学校井戸の贈呈式に出席】

20170731_dsc04503
【教育支援する里子の家を訪問】

20170731_dsc04520
【夢ホームを訪問】

          2017年7月31日(月) 根岸恒次(法人理事長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

岩手県釜石市で写真展&絵画交流展開催

 本会は、東京や横浜など首都圏に集中する傾向のある写真展などのイベントを、地方でも数多く開催することを、特に地方に在住する会員さんにお願いしている。

 6月15日~21日、岩手県釜石市内の「イオンタウン釜石・2階イベントスペース」に於いて、写真展「カンボジアの子どもたち」&絵画交流展を開催した。及川英博さん(本会理事で里親会員・岩手県奥州市在住)が、会場交渉から設営、約1週間にわたる写真展の説明、撤収まで、すべて行ってくれた。

 また、今回の写真展は、釜石市内の「平田小学校」とカンボジアの「タメイ小学校」の絵画交流の様子も展示し、好評を博した。

 中日となる6月18日には、同会場において根岸が活動報告を行い、40人が参加してくれた。数名の釜石市民が会員になってくださり、写真展の効果が示された。

 釜石市は、及川さんが教師をしていた時に10年間赴任した町、及川さんの人脈を駆使し、多くの方々がお手伝いしてくれた。釜石市が後援してくれたのも大きかった。

 6年前の東日本大震災では壊滅的な被害を被った釜石市だが、復興に向けて日々努力しておられる様子がうかがえた。今回の写真展も、震災復興祈願として実施した。

Img_20170618_142642
【お手伝いしてくれた皆さん】

Img_20170618_130147
【活動報告をする根岸理事長】

Img_20170618_124216
【絵画交流の様子を見る来場者】

Img_20170618_124206
【写真の説明をする及川理事】

          2017年7月17日(月) 根岸恒次(法人理事長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ