« 第2回カンボジアセミナーを開催 | トップページ | 写真展「カンボジアの子どもたち」を調布市で開催 »

2017年8月16日 (水)

カンボジアの小学校に4つの井戸が完成

 7月は、カンボジアの4つの小学校に井戸が完成、「カンボジアふれあいの旅」に参加した皆さんが一つの小学校の贈呈式に出席、完成を祝った。その他の小学校は、根岸と現地スタッフが出席した。

 どの井戸もきれいな水が出て、生徒たちは水を飲んだり顔を洗ったりして、井戸の完成を喜んでいた。

 2003年に開始した井戸建設だが、7月現在で通算306基を造った。

 井戸の本体は外国からの輸入品で、丈夫で長持ちと好評。しかし所詮機械に過ぎないので、無理な使い方をすれば壊れてしまうし、水脈が変化すれば、枯れてしまうこともある。
 永遠に使える保証はないが、問題なければ、最低でも10年間は支障なく使うことができる。

 水源を雨水や池の水、川の水に頼るカンボジアの農村にとり、井戸は大切な水源。小学校に井戸を造ることにより、周辺の村人もその恩恵を受けることができる。

20170821_01
【広瀬様寄贈の井戸を囲み子どもたちと記念撮影】

20170821_02
【匿名様寄贈の井戸で手を洗う子どもたち】

20170821_03
【国際ソロプチミスト安城様寄贈の井戸で水を飲む子どもたち】

20170821_04
【高橋和子・由起江様寄贈の井戸で手を洗う子どもたち】

          2017年8月21日(月) 根岸恒次(法人理事長)

|

« 第2回カンボジアセミナーを開催 | トップページ | 写真展「カンボジアの子どもたち」を調布市で開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/65671268

この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアの小学校に4つの井戸が完成:

« 第2回カンボジアセミナーを開催 | トップページ | 写真展「カンボジアの子どもたち」を調布市で開催 »