« 『梯剛之(かけはしたけし)チャリティコンサートin新潟』に出席 | トップページ | »

2018年2月16日 (金)

「味の素労働組合」と「味の素グループ労働組合」の協力で新校舎が完成

「味の素労働組合」及び「味の素グループ労働組合」の資金協力により建設中だった新校舎(トウボンクモム県、クリアウ小学校:生徒数=165人)が完成、1月28日、カンボジア政府主催の贈呈式が行われた。                      

 同組合のメンバーや「カンボジア味の素」(プノンペン市内)の社員ら約30人が出席、カンボジア政府からは、シアン・ブン・レン内務省副長官ら多数の要人が出席、地元からも村人や生徒ら約500人が出席した。

本会からは、根岸理事長始め3人の役員らが出席した。

 校舎が完成したクリアウ小学校は、プノンペン市内から約4時間かかる遠方にあり、当日は朝5時にプノンペンを出発、午前9時から贈呈式が行われた。

 式典では、寄贈者を代表して井ノ口照将さん(味の素労働組合中央執行副委員長)があいさつに立ち、生徒たちにエールを送った。

 終了後、同組合から生徒たちに学用品が、「カンボジア味の素」から味の素製品が贈られた。

 新校舎は4教室、レンガブロック造りの平屋建て。工事開始により旧木造校舎が壊されたため、生徒たちは昨年末から新校舎で授業を受けていた。

 

           2018年2月9日(金)     根岸恒次(法人理事長)

|

« 『梯剛之(かけはしたけし)チャリティコンサートin新潟』に出席 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/66399102

この記事へのトラックバック一覧です: 「味の素労働組合」と「味の素グループ労働組合」の協力で新校舎が完成:

« 『梯剛之(かけはしたけし)チャリティコンサートin新潟』に出席 | トップページ | »