« | トップページ | 日野原先生の生き方に学ぶ »

2018年2月16日 (金)

             武藤先生が逝去

 昨年12月22日、武藤滋先生(静岡県沼津市、里親会員)が病気で亡くなった。92歳だった。

 武藤先生は、本会設立当初からの支援者で、2003年には、本会として第1号の小学校校舎を2棟、カンボジアの貧しい村に寄贈してくれた。

 また現地活動のため、2004年にトヨタ製ピックアップカー(新車)を寄贈、活動の定着化に多大な寄与をされた。

 お元気な頃は度々カンボジアを訪問し、子どもたちを励ましてくれた。

 武藤先生は、医学部を卒業後、勤務医を経て沼津市内に「武藤胃腸外科病院」を開院、沼津市内では知らない人がいないほど、有名な外科医だった。

 第一線を退いた後は、沼津市内のご自宅で余生を過ごしていた。

 自分が死んでも困らないようにと、10人もの教育里子の支援金を10年分先払いしてくれるなど、配慮の行き届いた人格者だった。

 心よりご冥福をお祈り申しあげます。

         2018年2月16日(金)        根岸恒次(法人理事長)

|

« | トップページ | 日野原先生の生き方に学ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/66400303

この記事へのトラックバック一覧です:              武藤先生が逝去:

« | トップページ | 日野原先生の生き方に学ぶ »