« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月28日 (水)

里子を訪問しました

3月8日~14日、第1回目の「夢ホーム・里子訪問の旅」が行われ、12日、本会が教育支援する里子の家を訪問した。

 訪問した里子は2人。一人は、旅に参加した里親さんがプレゼントのお米を持参して訪問、もう一人は、里親さんから預かったプレゼントを持参した。

 また、根岸理事長が滞在期間中、11人の里子を訪問、日本で里親さんから預かったプレゼントを持参し、届けた。
 回り切れなかった里子については、後日現地のカンボジア人スタッフがプレゼントを届ける予定。

 続いて、1月~2月に、新しく里子になった9人の子どもたちを訪問、家庭状況などをリサーチした。その結果を、帰国後里親にレポートすることにしている。

 

Photo
       里子を訪問しました(夢ホーム・里子訪問の旅)

    

         2018年3月28日(水)        根岸恒次(法人理事長)








 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

「夢ホーム・里子訪問の旅」に会員10名が参加

 本会が主催した「カンボジアふれあいの旅」が昨年で終了したため、それに代わる企画として今年から「夢ホーム・里子訪問の旅」がスタートした。

 旅の参加者を中心とした「夢ホーム・里子訪問の旅」実行委員会が主催した。
 本会は裏方として、参加会員をサポートする役割を担うことになった。

 3月8日~14日、第1回の旅が行われ、10人の会員が参加した。
  参加資格は本会の会員のみとし、非会員で参加を希望する方には、会員手続きをお願いした。

 8日午前中、成田国際空港から全日空直行便でカンボジアの首都プノンペンへ。

 9日、会員が寄贈した井戸の贈呈式に出席、併せて学用品を寄贈し、しばし生徒たちと交流した。

 10日、悲劇の跡地視察として「トウールスレン博物館」と「キリングフィールド」を視察、帰りに「ロシアンマーケット」に立ち寄った。

 11日、本会が運営する児童養護施設「夢ホーム」を訪問、子どもたちと交流した。

 12日、地方で暮らす教育里子(2人)を訪問、里親がプレゼントを渡したり、里親から預かったプレゼントを届けた。

13日は終日自由行動日とし、各自プノンペンの街並みを散策したりした。
 その日の夜には全日空直行便で帰国し、14日の早朝、成田国際空港に着いた。

 旅行業法順守の観点から、旅の参加者が率先して実行委員会を作り催行するという初の試みだったが、大きな問題もなく、参加した会員から好評を博することができた。

 7月には第2回目の旅を予定しているので、奮って参加してほしい。

      2018年 3月27日(火)          根岸恒次(法人理事長)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

遠藤啓さんに感謝状が授与される

 1月15日~30日、遠藤啓さん(静岡県伊豆の国市、会員)がカンボジアを訪問、小学校を訪問して生徒たちの集合写真を撮り、数日後に再訪問して写真を各小学校に届けた。

 遠藤さんは、15年間の長きにわたり、カンボジアの小学校で集合写真を撮り続けてきたが、その功績が認められ、この程カンボジア王国政府(教育省)から感謝状が贈られた。

 1月28日、小学校贈呈式の席で、シアン・ブン・レン内務省副長官から遠藤さんに、感謝状が渡された。

 何事も「継続は力なり」、細く長く実行することが大事である。

Photo_5  
          感謝状を受け取る遠藤啓さん

           

         2018年3月4日(日)       根岸恒次(法人理事長)        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »