« 感謝の心を忘れないカンボジアの子どもたち | トップページ | 空港⇔プノンペン市内を結ぶ路面電車が開通 »

2018年4月27日 (金)

現地スタッフが教育支援金を隔月に届けています

 本会のカンボジア事務所(プノンペン市内)では、教育支援している里子が通う小学校(28校)を隔月に訪問し、教育里親会員から頂戴した年会費(3万円)の中から、42パーセントにあたる12,600円を6回に分け、米ドルに換金し現地スタッフが里子に届けている。
(現行では1回につき18ドル支給~月9ドル)

 中学校・高校に通う里子も、出身した小学校に集合し、教育支援金を渡している。

 里子に渡すお金は教育支援の名目ではあるが、使途について特に指示していないため、一部生活費として使う場合もあろう。
 それで生活が安定することで学校へ行けるなら良しとすべきだろう。

      

Photo    
              教育支援金を里子に渡す現地スタッフ

         2018年4月27日(金)       根岸恒次(法人理事長)


 

|

« 感謝の心を忘れないカンボジアの子どもたち | トップページ | 空港⇔プノンペン市内を結ぶ路面電車が開通 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/66655392

この記事へのトラックバック一覧です: 現地スタッフが教育支援金を隔月に届けています:

« 感謝の心を忘れないカンボジアの子どもたち | トップページ | 空港⇔プノンペン市内を結ぶ路面電車が開通 »