«           4つの小学校に井戸を贈る | トップページ |        小学校の課外授業として音楽指導を実施 »

2018年6月25日 (月)

        近藤釼一さんが小学校にトイレ棟寄贈

 5月11日に新校舎の贈呈式を開催した「ロマンソー小学校」(コンポンスプー県オラル郡、生徒数=60人)に、近藤釼一さん(愛知県知立市、里親会員)がトイレ棟(2人用)を寄贈してくれた。
 
 カンボジアの小学校は基本的にトイレが設置されているものの、壊れていたり、排泄物を流す水がなかったりして、使用できないケースが多い。トイそのものが設置されていない学校もあるし、変な習慣だが、トイレが施錠されている学校もある。
 余談だが、カンボジアの農村に行くと、トイレがない民家がまだ沢山ある。どのように排泄しているのだろうかと気になる。
 
 日本人の里親さんを地方にお連れするときに困るのが、トイレである。最近は、国道沿いのガソリンスタンドやレストランにトイレがあるので安心だが、そこで用を足したうえで、村に入ることが必要だ。
Photo_3
       小学校ではトイレと井戸は必須アイテムだ
           2018年6月25日(月)     根岸恒次(法人理事長)
 

|

«           4つの小学校に井戸を贈る | トップページ |        小学校の課外授業として音楽指導を実施 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/66867771

この記事へのトラックバック一覧です:         近藤釼一さんが小学校にトイレ棟寄贈:

«           4つの小学校に井戸を贈る | トップページ |        小学校の課外授業として音楽指導を実施 »