«    第39回「夢ホーム・里子訪問の旅」に会員15人が参加 | トップページ |         小さな家に8人が暮らしていました »

2018年7月31日 (火)

         バイクに揺られて学校視察

 カンボジア滞在も終盤の7月18日、プレアビヒア県、スロヨン郡の「マレッチ小学校」(生徒数=125人、教師=4人)を訪問した。
 
 アンコールワットの街、シェムリアップから車で約3時間、平地ではあるが未開の地域。
 車で2時間ほど行ったところで、案内人の学校の先生から「この先は、最近の大雨で車が通れなくなり、バイクで行きます」と告げられた。
 
 やむなく覚悟を決め、先生が運転するバイクの後ろに乗り揺られること40分、ようやく小 
校にたどり着いた。その間、増水した小川をバイクで渡ったり、ぬかるみでバイクが転倒し、膝から下がドロンjコになったり、日本では味わえないサバイバルな体験だった。
 
 「マレッチ小学校」には古い木造校舎があるが、老朽化していて、なおかつ最初から床は土のまま。とても子どもたちが安心して学べる環境ではない。 
 また、年々生徒数が増加していて、2教室の既存校舎では賄いきれない現状。
 
 そこで、日本のNGO団体にお願いし、ここに3教室の新校舎を建設するためのリサーチのため小学校を訪問した。
 
 カンボジアの農村、しかもへき地には、まだまだこのような小学校が沢山あるが、需要ばかり多くて供給が少ない。本来、国や自治体が造るべきところだが、予算がそこまで回らないのが現状のようだ。
           2018年7月31日(火)      根岸恒次(法人理事長)
Photo_4
          増水した小川をバイクで渡る

|

«    第39回「夢ホーム・里子訪問の旅」に会員15人が参加 | トップページ |         小さな家に8人が暮らしていました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:          バイクに揺られて学校視察:

«    第39回「夢ホーム・里子訪問の旅」に会員15人が参加 | トップページ |         小さな家に8人が暮らしていました »