«        小学校の課外授業として音楽指導を実施 | トップページ |      鋳造によるアクセサリー作り技術講習会を開催 »

2018年7月 2日 (月)

         95歳のおばあちゃんに出会った

 5月16日、コンポンチャム県の貧しい村で暮らす里子を訪問していたら、その家族に95歳のおばあちゃんがいた。医療施設が乏しく、保険も年金もない国での95歳は、日本なら105歳といったところか。
 
 カンボジアの平均寿命は、ネットで調べると68・98歳(2016年)で、187か国中129位。日本は83・98歳(世界2位)で、15歳の開きがある。
 
 ついでに調べると、カンボジアの出生率は2・56歳。一家族2~3人の子どもがいる。人口は1、601万人(2016年)となっている。
 カンボジアと日本は、戦争や圧政により多くの国民が犠牲になった。日本も焼け野原から立ち上がり、アジアで最初の先進国になった。カンボジアも平和になり、国民の暮らしぶりが良くなれば、平均寿命も上がっていくだろう。Photo
             95歳のおばあちゃんと
 
           2018年7月2日(月)       根岸恒次(法人理事長)
 

|

«        小学校の課外授業として音楽指導を実施 | トップページ |      鋳造によるアクセサリー作り技術講習会を開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/66892414

この記事へのトラックバック一覧です:          95歳のおばあちゃんに出会った:

«        小学校の課外授業として音楽指導を実施 | トップページ |      鋳造によるアクセサリー作り技術講習会を開催 »