« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

       「カンボジア孤児院ビジネス」を読んで

 昨年7月に初版が発行された「カンボジア孤児院ビジネス」(岩下明日香著、潮出版社)を拝読した。カンボジアの孤児院について詳細な実態がレポートされていて、なかなか読み応えある本だった。
 
 本会も、カンボジアのコンポンスプー県で児童養護施設「夢ホーム」を運営しており、興味と関心をもって読ませて頂いた。
 
 同書によると、2011年、ユニセフ・カンボジア事務所とカンボジア政府・社会福祉省が、カンボジア国内における児童養護施設数と、入所児童数を公表した。              
 
 報告によれば、2005年に154あった児童養護施設数が、2010年には259に増加している。たった5年間で、75%も施設数が増加した。それに伴い、入所児童数も、6254人から、1万1945人に増えていることが明らかになった。
 
  さらに、施設に入所する子どものうち、両親、または片親がいない子は、23パーセント(77%は両親がいる)であることも分かった。
 
 その後、2014年から2015年にかけて行われたカンボジア全土に及ぶより詳しい調査によって、全体数639施設が確認され、計3万5374人が入所していることが確認された。
 
 これらの多くが、観光地シェムリアップや首都プノンペンに集中しており、外国人観光客の訪問先になっている。そこで子どもたちは踊ったり観光客と交流したりして、寄付金を得ることで孤児院経営が成り立っているという。子どもたちが商売道具にされているわけだ。
 
 ポルポト政権が崩壊して40年、内戦が終結して25年以上経つカンボジアには、もはや孤児はほとんどいない。にも拘わらず孤児院が急増しているという、首をかしげる実態がある。
 
 このように、子どもたちの人権がないがしろにされている実態は、カンボジアの子どもたちを真摯に支援している本会にとって、決して看過できない問題である。
 
 まずは今後、問題となっている悪質孤児院を訪問するなどして実態の把握に努め、会としての対応を模索していきたい。
         2018年8月31日(金)       根岸恒次(法人理事長)
Photo
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

Photo
   主催した皆さんと(日立シビックセンター1Fメイン会場で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

        アジアンフェスティバル(日立市)を見学

 8月25日(土)、残暑厳しい中ではあったが、茨城県日立市「日立シビックセンター」(1階)で行われた~ひたちとアジアの文化交流をすすめる会、20周年記念イベント~「アジアンフェスティバル」を見学した。
 
 同会の会長(小澤紀夫さん)と副会長(菊池和雄さん)が本会の会員であり、特にカンボジアでのサッカー大会を毎年、本会と共催していることから、ご招待あり参加した。
 
 25日(土)は、ステージでのパフォーマンスのほか、お茶席体験コーナー、民族衣装試着コーナー、販売コーナーなどが設けられた。写真展「わたしのアジア」は21日~26日に開催した。
 ステージでは、津軽三味線、インド・フリピン・中国・韓国・日本の舞踊や音楽、ファッションショーなどが行われ、盛り上がっていた。
          2018年8月27日(月)      根岸恒次(法人理事長)
Photo
      ファッションショーで盛り上がる各国の外国人
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

    調布市で写真展「カンボジアの子どもたち」を開催

 8月17日~22日、東京都調布市立文化会館たづくり(みんなの広場)で、写真展「カンボジアの子どもたち」を開催した。
 
 以前、調布市にお住まいだった岡本浩史さん(東京都狛江市在住、会員)の紹介により、数年前からこの時期に開催しており、毎年多くの調布市民が写真をご覧になっている。
 
 会場の借用費は無料、広報活動もしてくれ、カンボジアをPRするには絶好の機会。
 
 今回は、遠藤啓さん(静岡県伊豆の国市在住、会員)が撮り貯めた写真を20点、ほか20点の合計40点を、会場に展示した。
 
 ただ、今年はいつもの夏より猛暑が続いており、来場者数は昨年より少ないように感じた。
 
          2018年8月24日(金)     根岸恒次(法人理事長)
Photo
    遠藤啓さんが撮った子どもたちの写真を眺める調布市民
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

Photo_2 
   教育里子が暮らす家も流されそうだ(左の家・奥がメコン川)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

      教育里子が通う小学校が浸水被害に遭う

 本会が教育支援する里子が35人通学している「プレチーク小学校」(トウボンクモム県、生徒数=754人)のそばにメコン川が流れていて、過去、メコン川が氾濫して小学校が浸水し、授業が中断することがしばしばあった。
 
 そこで本会は、小学校からの要請を受けて、洪水があっても大丈夫な高床式校舎を2015年3月に寄贈した。
 その後、洪水が発生したと聞いたことがなかったが、今月に入りメコン川の水位が上昇、近隣の民家や小学校に水が押し寄せる事態となっている。
 
 東南アジアは雨季になり、例年9月~10月に洪水が発生することが多いが、まだ8月なのにすでに洪水が起きたことは、世界的な異常気象が関係しているのだろうか。雨季が終わるまで、予断を許さない状況が続く。
 ラオスで起きた、建設中のダム決壊事故の影響もあるのだろうか?ラオス国境に近いストウントウレン県では、その影響を受けて数千人が避難したと聞いた。ダム建設を請け負った韓国企業の手抜き工事との指摘がある。安かろう悪かろうではいけない。
 カンボジアの学校は、まもなく長いお休み期間に入る(8月下旬~10月下旬が休み)ので、授業には大きな影響がないと思うが、洪水に見舞われた民家が心配だ。推移を見守りたい。
         2018年8月21日(火)      根岸恒次(法人理事長)
Photo
       校庭が水没したが、高床式校舎は被害なし
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

           リキシャ型トクトクが大流行

 先月、カンボジアを訪れて驚いたことがあった。リキシャ型トクトク(写真)が急増したことだ。
インドから入ってきたと言われている。
 
 5月にもカンボジアを訪問したが、この2カ月間で、従来型のトウトクをしのぐ勢いで増えた。
 聞くと、1台3、000ドル程度で新車が購入できるそうだ。LPガス車なので燃費も安く、料金も割安に設定されている。
  ハイテク化も進んでいて、プノンペンでいくつもの配車アプリが登場、いつでも簡単にスマートフォンで呼び出せるようになった。
 特に、外国人が苦労した行先の説明や料金交渉が不要で、ぼったくりの心配がない。
 
 難点は、小型なので乗車定員は2~3人。従来のトクトクなら多いときで5人~8人乗れるので、当面は用途により使い分けするのが良いだろう。
          2018年8月16日(木)       根岸恒次(法人理事長)
Photo
          小型で小回りがきくリキシャ型トクトク
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

Photo_2

カンボジア日本技術大学の玄関で(右が酒井ゼネラルマネージャー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

          カンボジアを世界の介護大国へ

 カンボジアに、日本語と介護技術を教える大学ができるという情報があったので、7月20日、早速その大学を訪問し、話を聞いた。
 
 プノンペンの中心地から北へ約10キロ行くと、その大学があった。  
 辺りにはまだ空き地が目立つが、近くに、6月にオープンしたばかりの「イオンモール2」があり、新開発地域として商店や住宅が立ち並ぶ、環境の良い場所だ。            
 「カンボジア日本技術大学」、今年9月のオープンを目指し、スタッフの皆さんがその準備に追われていた。5階建ての立派なビルである。
 準備で多忙の中、同大学のゼネラルマネージャー、酒井亮様が学内を案内し、説明してくださった。
 対象はカンボジア人男女、学歴は高校卒業が原則だが、卒業にはこだわらず、小・中・高通じて12年間の就学実績さえあれば入学は可能。
 当面、日本介護学科(定員180名)で学ぶ学生を募集、来年度以降、日本語学科、IT学科を新設する計画を持つ。
 
 大学内には、日本の介護施設をイメージした実習室があり、ここで実践的な介護技術を学び、その後は日本で最長5年間、介護技能実習ができる。日本での介護実習は、大学を卒業するために必要な単位数に代替することができる。
 
 日本のみならず、お隣の韓国、中国、EU諸国なども高齢化社会を迎え、介護の人材を求めている。カンボジアを世界の介護大国に育てあげてゆこうと、大学の夢は大きい。
  私が知る限りでは、介護の人材を育成して日本、その他各国に送り出す目的を持つ、カンボジア初の学校と思われる。
 
 わが国は少子高齢化が続き、今後ますます介護に従事する人材が必要になってくることは間違いない。
 
 カンボジア人は同じアジア人として、親日的であり、仏教国でもあり、日本の高齢者に好かれる要素を持ち合わせているように思う。
 同大学が、日本へ介護人材を沢山派遣してくれることを、切に願うものである。
         2018年8月13日(月)       根岸恒次(法人理事長)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

 
Photo
   トロパンアン小学校に寄贈した井戸で手を洗う子どもたち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

      通算326基

 7月は、カンボジアの小学校に2基の井戸を寄贈した。
 7月6日、第39回「夢ホーム・里子訪問の旅」の中で「カットプロック小学校」(コンポンスプー県)を訪問、多数のツアー参加者とともに、井戸の贈呈式を行った。
 また7月11日、延泊する中で「トロパンアン小学校」(コンポンスプー県)を訪問、根岸理事長と現地スタッフが参加して、井戸の贈呈式を行った。
 「カットプロック小学校」に造った井戸は、千田貞四郎様(岩手県奥州市在住)が寄贈、「トロパンアン小学校」に造った井戸は、「国際ソロプチミスト安城」様(愛知県安城市)が寄贈してくれた。
 2003年に開始したカンボジアでの井戸建設は、通算で326基となった。毎年平均20基以上を、カンボジアの小学校や村に贈っていることになる。
 カンボジアの水道普及率は低く、特に地方の農村では水道は皆無といえるだろう。水源は、井戸を除くと、雨水、川や池の水しかない。
 決して安価ではないが、本会の仲介だけでもこれだけの数の井戸が完成したことは、日本人の誇りである。困っている人たちのために持っている富を分け合うこと、これは人が生きる上での普遍的な価値観だ。
 
           2018年8月10日(金)       根岸恒次(法人理事長)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

         スラム街で暮らす里子を訪問

 7月19日、本会が教育支援する里子の家を訪問した。
 
 里子支援は、基本的に貧しい家庭に限定しているが、当然スラム街に住む、極貧家庭の子どもたちも、教育支援の対象にしている。
 
 本会が運営している児童養護施設「夢ホーム」の近辺にも、スラム街がある。そこに住む女の子の一人を、里子として教育支援している。
 スラム街に限らず、里子の家を訪問すると、近所の子どもたちが物見遊山で集まってくる。 里子には、里親さんから預かったプレゼントを渡すのだが、集まってくる近所の子どもたちの対策として、日本から持参した物や、現地で購入した物を持参し、配布している。
 
 今回は、岩橋京子さん(奈良県在住、会員)が送ってくれたアメを持参した。
 
 スラム街を訪ねると、何故かホッとする。当然その日暮らしの貧しい生活だが、子どもたちは意外に明るく、瞳が輝いている。
 私も子どもの頃、スラム街ではないが、木造長屋の社宅に住んでいた。近所の子どもたちが狭い空き地に集まり、鬼ごっこや缶蹴りをして遊んだ記憶がある。              
 あの頃、子どもたちはみんな明るく、心も穏やかだった。カンボジアのスラム街で暮らす子どもたちに、どことなく共感を覚える自分がそこにいた。
           2018年8月7日(火)      根岸恒次(法人理事長)
Photo
        スラム街で暮らす子どもたちは明るく元気だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

        小さな家に8人が暮らしていました

 7月14日から19日にかけ、本会の「クメール教育里親基金」が支援する里子の家を訪問した。
  訪問の目的は2つ。一つは、里親さんから預かったプレゼントや手紙を里子に届けること。もう一つは、教育支援を開始した里親さんへの情報提供として、まずは里子の暮らしぶりを把握するための家庭訪問。
 
 今回も、30人の里子の家を訪問した。短期間で30人はハードスケジュールだが、それでも全体の1割に過ぎない。
 
 今回の里子訪問で印象的だったのは、6畳1間の小さな家で、家族8人が寄り添い暮らしていた里子がいた。同じように狭い家で、家族6人が暮らしていた里子もいた。
 
 8人家族の里子(ナン・ティアラ君、小学校3年生)の父親は定職がなく、収入も少なくとても貧しい家だった。母親は専業主婦である。
 家は、メコン川の川沿いにあって、洪水がきたらひとたまりもなく流されてしまいぞうだ。
 
 「クメール教育里親基金」では、貧しい家庭に住む子、両親又は片親の子など、385人を教育支援しており、教育里親会員として協力してくれる方を探している。
 
      資料請求先=〒176-0011 東京都練馬区豊玉上2-25-7-203           NPO法人 21 世紀のカンボジアを支援する会(里親係)
         2018年8月4日(土)      根岸恒次(法人理事長)
Photo
      砂糖ヤシの葉で造った粗末な家で8人が暮らす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »