« | トップページ |       教育里子が通う小学校が浸水被害に遭う »

2018年8月16日 (木)

           リキシャ型トクトクが大流行

 先月、カンボジアを訪れて驚いたことがあった。リキシャ型トクトク(写真)が急増したことだ。
インドから入ってきたと言われている。
 
 5月にもカンボジアを訪問したが、この2カ月間で、従来型のトウトクをしのぐ勢いで増えた。
 聞くと、1台3、000ドル程度で新車が購入できるそうだ。LPガス車なので燃費も安く、料金も割安に設定されている。
  ハイテク化も進んでいて、プノンペンでいくつもの配車アプリが登場、いつでも簡単にスマートフォンで呼び出せるようになった。
 特に、外国人が苦労した行先の説明や料金交渉が不要で、ぼったくりの心配がない。
 
 難点は、小型なので乗車定員は2~3人。従来のトクトクなら多いときで5人~8人乗れるので、当面は用途により使い分けするのが良いだろう。
          2018年8月16日(木)       根岸恒次(法人理事長)
Photo
          小型で小回りがきくリキシャ型トクトク
 

|

« | トップページ |       教育里子が通う小学校が浸水被害に遭う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:            リキシャ型トクトクが大流行:

« | トップページ |       教育里子が通う小学校が浸水被害に遭う »