«        カンボジアの子どもたちの教育支援 | トップページ |           明けましておめでとうございます »

2018年12月29日 (土)

         2018年の活動を終えるに当たり

 2018年もあと数日で終わりを迎える。今年も、会員の皆様に支えられた1年だった。
 
 本会の中心的活動である「クメール教育里親基金」。今年も約400人に及ぶカンボジアの子どもたちを教育支援した。高齢により、教育里親会員を辞退された方が目立ったものの、新規に加わる会員さんもいて、会員数の大幅な目減りを防ぐことができた。
 
 カンボジアのコンポンスプー県で運営する児童養護施設「夢ホーム」は2009年に開設以来、丸10年が経過した。入園児童数は10人と少なくなり、スタッフも7月に園長が亡くなり現在2名のみだが、皆元気で通学し、暮らしている。
 
 今年からシステムを変更した「夢ホーム・里子訪問の旅」は、3月・7月・11月に催行し、回を重ねる毎に参加者が増え盛況だった。参加者が主体的に行動することで参加費用を安く抑えることができた。
 
 国内では、カンボジアフェスティバルやグローバルフェスティバルなどのイベントに参加、広報活動や物品販売を行った。会報も年6回発行し、好評を博した。
 
 来年は活動を開始して20年目となる。会員の皆様の熱心なご支援により19年間継続することができたが、20年という、節目の最後の年に相応しい活動を,展開していくつもりである。
        2018年12月29日(土)       根岸恒次(法人理事長)
Photo
      「夢ホーム・里子訪問の旅」で夢ホームを訪問

|

«        カンボジアの子どもたちの教育支援 | トップページ |           明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/67532937

この記事へのトラックバック一覧です:          2018年の活動を終えるに当たり:

«        カンボジアの子どもたちの教育支援 | トップページ |           明けましておめでとうございます »