«       シェムリアップにある2つの養護施設を訪問 | トップページ |        カンボジアの子どもたちの教育支援 »

2018年12月22日 (土)

          弾圧と闘うカンボジア人を展示

 カンボジアの政府の弾圧に抵抗する人々の姿を撮影したフォトジャーナリスト、高橋智史さんの写真展が12月14日~19日、新宿区西新宿の「オリンパスギャラリー」で開かれた。
 カンボジアでは長期政権の下、強権政治と腐敗への批判が強まり、5年前の下院選挙で最大野党が躍進、民主化の機運が高まった。
 
 しかし政府は、国家反逆容疑で野党党首を逮捕するなどの圧力を強め、今年7月の選挙で与党が全議席を独占、欧米で強権政治への批判が強まっている。
 
  写真展は、カンボジア取材15年目の節目に出版した写真集から60点を選んだ。
  平和運動を象徴する女性活動家、テップ・バニーさんの活動などを展示した。
         2018年12月22日(土)      根岸恒次(法人理事長)
Photo
             写真展を見学する入場者
 

|

«       シェムリアップにある2つの養護施設を訪問 | トップページ |        カンボジアの子どもたちの教育支援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509777/67509736

この記事へのトラックバック一覧です:           弾圧と闘うカンボジア人を展示:

«       シェムリアップにある2つの養護施設を訪問 | トップページ |        カンボジアの子どもたちの教育支援 »