«    味の素グループ労働組合の皆さんがカンボジア訪問 | トップページ |                      41「夢ホーム・里子訪問の旅」を実施 »

2019年2月25日 (月)

        僻村の小学校に新校舎が完成

 「世界の恵まれない地域に小学校を作る会」(新潟市秋葉区・石川幸夫代表)と新津ライオンズクラブ(新潟市秋葉区)の資金協力により建設工事中だった「マレッチ小学校」(プレアビヒア県、生徒数=130人)の新校舎がこのほど完成、2月15日に贈呈式が開かれた。
 
 贈呈式には、同会の石川幸夫代表、新津ライオンズクラブの内山五郎様、が出席、本会から理事長の根岸と、同行してくれた宮下隆様(里親会員)、後藤美由紀様(会員)の3名が出席した。
 
 在カンボジア日本大使館(プノンペン市)から、松本二等書記官が出席してくれた。
 政府を代表してシアン・ブンレン内務省副長官ご夫妻が出席、地元から、プレアビヒア県知事をはじめ多くの要人が出席、村人・生徒たち約500人が出席して校舎の完成を祝った。
 
 新校舎は3教室、ブロック造りの平屋建て。昨年9月に着工、約半年間で完成した。
 旧校舎は木造平屋建て。床は土のままで老朽化が進み、一刻も早く新校舎の完成が待たれていた。
 本会としては、2003年に校舎を寄贈して31校目となった。1年に2校を建設したことになる。日本人の皆さんのあたたかい心に感謝!
          2019年2月25日(月)       根岸恒次(法人理事長)
Photo
      約500人の村民、生徒らが式典に出席した
   

|

«    味の素グループ労働組合の皆さんがカンボジア訪問 | トップページ |                      41「夢ホーム・里子訪問の旅」を実施 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:         僻村の小学校に新校舎が完成:

«    味の素グループ労働組合の皆さんがカンボジア訪問 | トップページ |                      41「夢ホーム・里子訪問の旅」を実施 »