« 2019年6月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

今も続く「鋳造によるアクセサリー技術講習会」

 Cimg5867 Cimg5865 Cimg5859                                              当会が過去20年間で実施した職業訓練プロジェクトの中で、今も続けているのが「鋳造によるアクセサリー作り技術講習会」です。
 
 2011年5月に開始、現在までに合計41回の講習会を行いました。

 講習会を主宰しているのは、榎戸徹彦さん(横浜市・教育里親会員)です。
 
 榎戸さんは、自宅の工房で同様の仕事をしていて、専門学校の講師もしています。
 
 この技術をカンボジアの子どもたちに教え、自立を支援したいという思いから、2010年11月、当会がコンポンスプー県で運営する児童養護施設「夢ホーム」の一角に職業訓練棟を造りました。
 
 2011年に開始した講習会は隔月に行われ、「夢ホーム」で暮らす子どもたちや近所の子どもたち6人~7人が参加、その技術を習得していきました。
 
 とても緻密な作業ですが、子どもたちは忍耐強くその技術を学び、その甲斐あってシェムリアップのお土産店で、完成したアクセサリーを販売、収益を子どもたちに還元しました。
 
 講習会を始めて8年以上が経ちました。学んだ技術を活かして自立した子はまだいませんが、学んだことがいつか活かされることを信じています。

   【写真=真剣なまなざしで学ぶ子どもたち】

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

3人の女性が音楽の花を咲かせました

カンボジアでは、音楽科目のある小学校が少ないのが実情です。特に農村の小学校は皆無といえます。
 
 そこで当会は、カンボジアの小学校で音楽指導のボランティア活動をしてくれる人を募りましたところ、3人の女性が名のりをあげてくれました。
 
 まず始めは、桑原淑子さん(福島県)でした。2009年から2014年まで6年間に亘り、小学校でピアニカを用いて音楽指導をしてくれました。
 
 次に手をあげてくれたのが宮川公子さん(宮城県)でしした。2013年から2018年まで6年間に亘り、ピアニカを用いて音楽指導してくれました。
 
 3人目が上山陽子さん(奈良県)です。上山さんは2015年から今に至るまでほぼ隔月にカンボジアを訪問し、音楽指導を続けています。日本では幼稚園の先生ですので、併設の幼稚園で遊戯指導も行っています。
 
 音楽指導の教材はピアニカですが、ボランティアグループ「灯」代表の岡本浩史さんが2014年から今年まで、新品のピアニカを毎年10台寄贈してくれました。
 
 受け入れる小学校の先生たち、通訳の当会スタッフなど、それぞれ三者三様の役割を果たすことで、当会の音楽指導プロジェクトは今も順調に続いています。

【写真=音楽指導する3人の女性たち】

Photo_20191029173201 Dh000089 Dh000098

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

6年続いた「もの作り技能講習会」

「魚をあげるより、魚の釣り方を教えなさい」という諺があります。

 当会は、この20年間にいくつかの職業訓練プロジェクトをカンボジアで行いました。その一つが「もの作り技能講習会」
です。具体的には、板金加工技術を習得するための講習会です。その主人公は、鈴木千雄さん(愛知県出身、故人)でした。
 
 鈴木さんは、日本では有名な板金加工技術者で、「現代の名工100人」に選ばれるほどの卓越した職人でした。
 
 子どもたちに板金加工の技術を教え、自立の手助けをしたいと考え2009年11月、開設後間もない児童養護施設「夢ホーム」に「職業訓練棟」を造りました。
 
 翌2010年5月には、「夢ホーム」や近所の子どもたち12人が参加して、第1回「もの作り技能講習会」が行われました。
 
 以後、鈴木さんは隔月にカンボジアを訪問、2016年5月に急逝するまで6年間に亘り、講習会を続けてくれました。
 
 鈴木さんが亡くなった後、後輩の「愛知県板金工業組合青年部」の皆さんが毎年カンボジアを訪問、短期間ですが「夢ホーム」の職業訓練棟で、子どもたちに板金加工技術を指導しています。
 
 人を愛し、人から愛された鈴木さんの成せる業でしょうか。

【写真=職業訓練の様子と、鈴木さんが作った板金の風呂に浸かる夢ホームの子どもたち・写真提供=遠藤啓さん】

画像に含まれている可能性があるもの:3人、室内

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

1000人以上の貧しい子どもたちを教育支援しました

 当会は2003年に「クメール教育里親基金」を創設しました。貧しい家庭環境にあるカンボジアの子どもたちを、マンツーマン方式でサポートする教育支援プロジェクトです。
 
 支援対象は、両親又は片親を亡くしたり、親がいても貧しい家庭環境にある農村で暮らす子どもたちです。
 
 同基金を創立し17年経ちますが、日本の教育里親さんの絶大な支援態勢のもとに大きく成長し、すでに1000以上の子どもたちを教育支援してきました。
 
 現在260人の教育里親さんが、380人の子どもたちを教育支援しております。複数の子どもたちを支援してくださる教育里親さんもおります。
 
 課題がないわけではありません。中途で退学する子どもたちが多くなっていることです。
 
 教育里親さんからすれば、支援する子どもには高校、せめて中学くらいは卒業してもらいたいというのが本音ですが、意に反して、就学半ばで断念してしまう子どもが多いのです。  

 15歳以下は就労禁止になっているはずですが、それ以下の若年層が、縫製工場や建設現場で働いている実態がありそうです。                           
 経済成長しているカンボジア、戦後の日本に通じる社会事情があるのでしょうか?
 
 子どもは国の宝、将来ある子どもたちが夢を実現できる社会でありたいと願います。

画像に含まれている可能性があるもの:7人、、スマイル、屋外、自然Dsc02603

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

夢ホームから沢山の子どもたちが社会に巣立ちました

当会は、農村の貧しい家庭で暮らす子どもたちが安心して勉強できるようにと、2003年に「クメール教育里親基金」を創設、マンツーマン方式で子どもたちの教育支援を始めました。
 
 主に村で暮らす子どもたちを対象に支援してきましたが、中には両親を亡くしたり、親がいても貧しい家庭環境にあり、日常生活のサポートが必要と思われるケースを散見しました。
 
 そこで当会は、このような子どもたちが安心して生活し通学できるようにと、会員さんの理解と協力を頂いて、コンポンスプー県に2009年3月、児童養護施設「夢ホーム」を開設、まずは15人の子どもたちが入園し運営がスタートしました。
 
 2015年には、高校生だった6人が卒業して退園し、社会に巣立っていきました。

 出世頭はクリム・クリル君とソム・クソーム君。クリム君は、当初板金工場へ就職しましたが、その後転職し今は「プノンペン国際空港」で働いています。
 
 ソム・クソーム君は、退園後里親さんの支援の元大学4年間の学びが終り、今年の9月にめでたく卒業しました。

 現在は、8人の子どもたちがここで暮らし、近所の小・中・高校へ通学しています。
 いずれこの子たちも、社会へ巣立っていくことでしょう。

    【写真=2015年頃の子どもたち】

Dh000006 Dh000163 Dh000159

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

サッカー大好き少年の夢をかなえました!

 当会は2009年3月、カンボジアのコンポンスプー県に児童養護施設「夢ホーム」を設立しましたが、ついでに小さなサッカーコートを庭に作りました。
 
 当初はこのサッカーコートを使い、近所の孤児院を対象に小規模のサッカー大会を開いていました。
 
 第5回目大会から、「夢ホーム」の近くにあるに小学校のサッカーコートを借りて近くの8つの小学校によびかけ、規模を広げて開催することにしました。
 
 その頃から「カンボジアの子どもたちに夢と希望を贈る市民の会」(茨城県日立市・菊池和雄代表)との共催になり、同会は、子どもたちにあげる記念品や優勝カップなどを、日本から持参してくれました。
 
 毎年11月に開催してきたサッカー大会でしたが、諸事情があって、2017年11月に開催した第10回の記念大会をもち、終了となりました。
 
 その後、当会の主催ではありませんが、日本の学生団体「World Fut」がプノンペン市内の「オリンピックスタジアム」で開催する「ドリームチャレンジカップ」に、従来のサッカー大会に参加していた小学校の中から2チームを選抜し、2017年から今年まで、合計3回参加しました。
 
 これからも、毎年9月に開催される「ドリームチェレンジカップ」に選抜2チームが参加し、子どもたちの夢の続きを継続していくつもりです。Dsc_2449 Dsc_2338 Dsc_2264 P1110481

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

遊具とサッカーコートを58に小学校に寄贈しました

遊具とサッカーコートを58の小学校に寄贈しました


 当会は2007年から2019年にかけ、カンボジアの58の小学校にブランコ・滑り台・回転具などの遊具とサッカーコートを寄贈しました。

 最初の遊具寄贈は、鈴木千雄さん(愛知県・故人)によるものでした。鈴木さんが教育支援していたく里子が通う小学校に、ブランコと滑り台を寄贈してくれました。
 
 二本松ロータリークラブ(福島県二本松市)や味の素グループ労働組合(東京都中央区)の皆さんも、沢山の小学校に遊具を寄贈してくれました。
 
 サッカーコートも、大事な体育施設の一つです。
 サッカーは、カンボジアの子どもたちには人気のスポーツです。暇さえあれば空き地でボールを蹴っています。
 
 しかしその割には、サッカーコートを備える小学校が少ないのです。そもそも運動場が少なすぎですね。予算の関係でしょうか。
 
 子どもたちは国の宝、未来を背負っていく子どもたちがのびのびと育つことを心から願います。

Img_1146 Img_1141 Img_1152 Dsc04574

 

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

小学校に45棟のトイレを寄贈しました

  トイレのない小学校に45棟寄贈しました


 当会は、2003年~2019年にかけて、主にカンボジアの小学校にトイレを45棟寄贈しました。
 
 カンボジアには、トイレが全くない小学校、又はあっても老朽化して使えない小学校が、地方には数多くあります。

 学校でトイレを使うことが出来ないと、生徒たちは我慢するか、校舎の周辺で用を足すしかありません。女の子の場合、そうはいかないでしょう。
 
 当会は、生徒たちが心おきなく勉強できるようにと、少ない数ではありますが、トイレを寄贈して参りました。すべて日本の皆さんからの贈り物です。
 
 学校を作る時に、トイレ棟と井戸は必須要件です。私はこれを3点セットといって、皆さんにお願いしています。Dsc06932 Img_1672 Img_0039

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

命をつなぐ井戸を17年間で337基贈りました!

 当会は、2003年3月から今までに、カンボジアの小・中・高校及び村の中に、337基の手押しポンプ式井戸を寄贈しました。100%日本人(個人・団体)の善意によるものです。
 
 カンボジアは、都市部は水道が普及しているものの、地方の農村には水道がなく、水源は川や池の水、天から降る雨水です。地方の民家には大きな瓶が庭にあり、雨水などを溜めて生活水にしています。
 
 水汲みは子どもたちの仕事で、その分自宅で勉強する時間や遊ぶ時間が割かれている現状があります。その意味で、井戸を作ることは間接的な教育支援ともいえます。
 
 当会は、学校や村の中に井戸を建設し、子どもたちや村人に新鮮な水を提供することで、地方の生活レベルの向上に寄与しています。ヒ素などの水質検査もかならず実施していますので、安心です。
 
 これからも要望がある限り、井戸建設を継続していきますので、ご支援よろしくお願いいたします。
 
 井戸建設に関する詳細資料は当会事務局にご請求ください。
【電話番号=03-3991-2854 FAX=03-3557-1213】

Photo_20191021102101

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

20年間で延べ1000人以上をカンボジアへお連れしました

20年間で、延べ1000人以上をカンボジアにお連れしました。
 
 当会が創設時から続けているプロジェクトが「カンボジア訪問旅行」です。
 
 日本にいる皆さんがカンボジアを訪問することで現状を知ってもらい、当会会員として、共に支援活動に参加していただくことを目的としました。
 
 加えて当初は、日本で回収した学用品を現地の小学生に寄贈することも大きな目的でした。
 日本で集めた鉛筆・ボールペン・ノートなどを、コンテナで運んだこともありました。
 
 運んだ学用品を僻村の小学校に通う生徒たちに配るため、車では行けない所なので、馬車を借りて運んだこともありました。(写真)
 
 生徒たちが、日本の国旗を振って歓迎してくれた小学校もありました。訪問旅行に参加した人たちは、とても感動していました。(写真)
 
 20年経った今もなお、カンボジア訪問旅行を年3回実施しています。11月の旅が通算52回を数えました。11月も約20人が参加して行ってまいります。
 
 最近カンボジアにANAの直行便が就航し、とても行きやすくなりましたが、当初は直行便がなく、一日がかりで訪問したものです。
Img_20191017_181316 Img_20191018_085533 Img_20191018_090109

| | コメント (0)

17年間に33の小・中学校を建設しました

17年間に33の小・中学校を建設しました。
 
 といっても、当会の財布だけでは学校を作る余裕がありませんので、これらはすべて、個人及び団体からの寄付金によるものです。
 
 当会は、日本人の善意と現地のニードをつなぐ「橋渡し」に過ぎませんが、これも大事な役割なのです。
 
 思い出に残る学校建設が数多くありました。その筆頭は、2005年に8完成した「スローヨン中学校」(プレアビヒア県)でした。
 
 内戦のなごりで、建設予定地が地雷原だったのです。地雷撤去しながら建設用地を整備、ドキドキハラハラしながらその様子を遠くから眺めていました。(写真=地雷未撤去の土地を背にして】
 
 3校目の建設は、2003年11月に完成した「サンポウミヤス小学校」。(プレイヴェーン県)とても遠くて、プノンペンから片道6時間かかりました。車⇒ボート⇒牛車に乗り継ぎ、片道6時間の行程でした。(写真=メコン川をボートで移動)
 
 エピソードはほかにも沢山あって、とても紹介しきれませんが、なにより子どもたちの学習環境が整備され、心おきなく勉強してもらうことが、最高の返礼ですね。
 
 カンボジアには、小学校が約7千校、中学校が約2千8百校あるそうですが、校舎の老朽化と子ども人口の急増により、慢性的に校舎が不足しています。
 
 当会は今も、クラチェ県で学校建設を進めていて、年末に完成する見込みです。学校建設に関心ある方は、当会事務局にご連絡ください。

Photo_20191019101601 

Photo_20191019101701
 

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

始めは無料のパソコンスクール開校でした

早いもので当会は、今年末に創立20年の節目を迎えます。
 
 今の現地活動は、貧しい子どもたちへの教育支援、学校建設、井戸建設、児童養護施設運営などですが、創設当初は全く異なる支援活動をしていました。無料パソコンスクールの開校です。


 2000年頃のカンボジアは、ポルポトが1998年に死去し、平和構築と経済発展にいそしんでいました。
 
 そしてカンボジアもIT社会になり、パソコンを学ぶ若者が急増していました。しかし、パソコンはまだ高価で、パソコンスクールも受講料が高かったのです。
 
 こうした背景があり、政府からの要請もありましたので、まずは無料のパソコンスクールを開校することで、支援活動をスタートしました。
 
 2000年から2002年にかけ、プノンペン市内やスヴァイリエン県で無料のパソコンスクールを開校、学びたいけれどお金がない苦学生を支援しました。仏教大学(プノンペン市内)でも開校しました。
 
 始めあれば終わりあり、やがて財政難に陥り、このプロジェクトは3年もたずに終了となりましたが、とても有意義な活動でした。

【写真=無料パソコンスクールの様子と、スクール立ち上げのテープカット】

Photo_20191017155602 Photo_20191017155601

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

すべてはそこから始まりました

すべてはそこから始まりました。
 
 当会は2000年1月1日に創立し、来年1月に20年の節目を迎えます。                     

 ちょうど20年前、当時の創立メンバー7人が集い、代々木のカンボジア料理店「アンコールワット」で初会合を開きました。10月31日のことでした。
 
 初会合では、発会の時期、会の名称、規約、役員、事務所などについて話し合いました。まだ20世紀でしたので、「暗い歴史を背負ったカンボジアを明るい21世紀にしたいものだ」との意見から、会の名称を「21世紀のカンボジアを支援する会」とすることが決まりました。
 
 役員は、私が会長、副会長にカンボジア人のホン・サンパンさんが就任しました。ホン・サンパンさんは、当会の始動期に私と二人三脚で会の活動に専心してくれました。最近お会いしていませんが、元気でご活躍のことと聞いています。

 あれから20年、長いようであっという間の気もします。しかし色々ありました。来年4月に創立20周年記念祝賀会を予定していますので、それまでに20年の歩みをまとめた記念誌を発行する予定です。

【写真=右がホン・サンパンさん。中央が20年前の私です。若かった?!】

Photo_20191016084001

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

上山さんがカンボジアの小学校で音楽指導

NPO法人 21世紀のカンボジアを支援する会
【AAC21】

 10月10日~12日、カンボジアのソムブール小学校(コンポンスプー県チュバモン郡、生徒数=320人)において、上山陽子さん(奈良県大淀町、教育里親会員)が、当会の情操教育活動の一環として、ピアニカによる音楽指導を行いました。

 現在カンボジアの小学校は長期のお休み中ですが、呼びかけに応じて集まった生徒たちを対象に行いました。
 
 上山さんは年数回カンボジアを訪れ、同小学校で音楽指導を
継続しています。課外活動としてすっかり定着しました。

【写真=ピアニカによる音楽指導】

Photo_20191014165401 Photo_20191014165501 Photo_20191014165502

| | コメント (0)

カンボジアのお盆

NPO法人 21世紀のカンボジアを支援する会
【AAC21】

 日本にお盆があるように、仏教国カンボジアにも当然お盆があります。
 
 日本のお盆(旧盆)は8月13日~16日に固定されています(地域により違う場合有り)が、カンボジアのお盆(プチュンバン)は毎年日が変わります。今年は9月14日~29日が長いお盆、国民の祝日になっている短いお盆は9月27日~29日でした。
 
 短いお盆の前後にカンボジア国民はお寺に行き、僧侶に食べ物を捧げたりして、間接的にご先祖様に供物をささげることになるようです。このように徳を積むことで、次に生まれてくる時は、今より幸せになりたいという信仰心があるのでしょう。

 

 

| | コメント (0)

雨谷麻世チャリティーコンサート(2)

NPO法人 21世紀のカンボジアを支援する会
【AAC21】

 10月6日(日)、新潟市内の「新潟テルサ」において「雨谷麻世チャリティーコンサート」(主催=世界の恵まれない地域に小学校を作る会&新津ライオンズクラブ)が昼夜2回開催されましたが、それに先立ち、チャリティー収益金の目録贈呈式が行われました。
 
 今年はミャンマーに小学校を建設することが決まっていますが、来年度(2020年度)は再びカンボジアに小学校を作ってくださることが確定、その目録を根岸が頂戴いたしました。
 
 今日になり、主催団体よりステージ上で目録を頂戴した写真が写真が届きましたので、投稿しました。感謝!

Photo_20191014135501 Photo_20191014135601

| | コメント (0)

雨谷麻世チャリティーコンサート

NPO法人 21世紀のカンボジアを支援する会
【AAC21】

 10月6日(日)、新潟市内の「新潟テルサ」に於いて、「世界の恵まれない地域に小学校を作る会」(新潟市秋葉区・石川幸夫代表)と「新津ライオンズクラブ」(新潟市秋葉区)が共催する「チャリティーコンサート」が開催、多くの皆さんが来場されました。
 
 同会は、毎年この時期に行う「チャリティーコンサート」の収益金で毎年1校の小学校校舎を、特にアジアの貧しい地域に贈っていて、今年は24回目のコンサートでした。
 

 6日に開催した「チャリティーコンサート」の収益金は、「公益社団法人日本財団」を介してミャンマーの小学校建設に供されることが決まっていて、来年行われる同コンサートの収益金は、再びカンボジアの小学校建設に活用されることになり、コンサートの冒頭、根岸が出席して目録を頂戴いたしました。
 
 コンサート会場では、いつものようにカンボジア製品販売を行い、三林けい子さん(新潟市在住・当会会員)の仲介により、新潟県在住のカンボジア人留学生(6人)が、昨年に続きボランティアで手伝ってくれました。

 24年間、休まず「チャリティーコンサート」を継続される熱意と努力に、敬意を表します。

Photo_20191014143401 Photo_20191014143402

| | コメント (0)

チュロドンボン小学校校舎の建設工事進む

NPO法人 21世紀のカンボジアを支援する会
【AAC21】

 日本の団体からの資金協力により、小学校校舎の建設が進んでいます。
 
 場所は、クラチェ県・チュローン郡・コンポンドムライコミューン・プロマー村にある「チュロドンボン小学校」、ここに4教室の校舎が建設中、12月下旬の完成・贈呈セレモニー目指して、皆さん頑張っています。
 
 ケガをしないよう、無事に工事が終了しますよう祈ります。

Photo_20191014142401

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年11月 »