« すべてはそこから始まりました | トップページ | 17年間に33の小・中学校を建設しました »

2019年10月17日 (木)

始めは無料のパソコンスクール開校でした

早いもので当会は、今年末に創立20年の節目を迎えます。
 
 今の現地活動は、貧しい子どもたちへの教育支援、学校建設、井戸建設、児童養護施設運営などですが、創設当初は全く異なる支援活動をしていました。無料パソコンスクールの開校です。


 2000年頃のカンボジアは、ポルポトが1998年に死去し、平和構築と経済発展にいそしんでいました。
 
 そしてカンボジアもIT社会になり、パソコンを学ぶ若者が急増していました。しかし、パソコンはまだ高価で、パソコンスクールも受講料が高かったのです。
 
 こうした背景があり、政府からの要請もありましたので、まずは無料のパソコンスクールを開校することで、支援活動をスタートしました。
 
 2000年から2002年にかけ、プノンペン市内やスヴァイリエン県で無料のパソコンスクールを開校、学びたいけれどお金がない苦学生を支援しました。仏教大学(プノンペン市内)でも開校しました。
 
 始めあれば終わりあり、やがて財政難に陥り、このプロジェクトは3年もたずに終了となりましたが、とても有意義な活動でした。

【写真=無料パソコンスクールの様子と、スクール立ち上げのテープカット】

Photo_20191017155602 Photo_20191017155601

|

« すべてはそこから始まりました | トップページ | 17年間に33の小・中学校を建設しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すべてはそこから始まりました | トップページ | 17年間に33の小・中学校を建設しました »