« 20年間で延べ1000人以上をカンボジアへお連れしました | トップページ | 小学校に45棟のトイレを寄贈しました »

2019年10月21日 (月)

命をつなぐ井戸を17年間で337基贈りました!

 当会は、2003年3月から今までに、カンボジアの小・中・高校及び村の中に、337基の手押しポンプ式井戸を寄贈しました。100%日本人(個人・団体)の善意によるものです。
 
 カンボジアは、都市部は水道が普及しているものの、地方の農村には水道がなく、水源は川や池の水、天から降る雨水です。地方の民家には大きな瓶が庭にあり、雨水などを溜めて生活水にしています。
 
 水汲みは子どもたちの仕事で、その分自宅で勉強する時間や遊ぶ時間が割かれている現状があります。その意味で、井戸を作ることは間接的な教育支援ともいえます。
 
 当会は、学校や村の中に井戸を建設し、子どもたちや村人に新鮮な水を提供することで、地方の生活レベルの向上に寄与しています。ヒ素などの水質検査もかならず実施していますので、安心です。
 
 これからも要望がある限り、井戸建設を継続していきますので、ご支援よろしくお願いいたします。
 
 井戸建設に関する詳細資料は当会事務局にご請求ください。
【電話番号=03-3991-2854 FAX=03-3557-1213】

Photo_20191021102101

|

« 20年間で延べ1000人以上をカンボジアへお連れしました | トップページ | 小学校に45棟のトイレを寄贈しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20年間で延べ1000人以上をカンボジアへお連れしました | トップページ | 小学校に45棟のトイレを寄贈しました »