« 今も続く「鋳造によるアクセサリー技術講習会」 | トップページ | 娯楽のない農村の子どもたちにうけました »

2019年11月 2日 (土)

100人の女性の自立をお手伝いしました

当会は、2002年から2006年にかけて約5年間に亘り、カンボジアの農村で暮らす若い女性を対象に、手動ミシンによる「縫製技術習得のための職業訓練プロジェクト」を行いました。
 
 職業訓練は、プノンペン市内でアパートを借りて行いました。大半が地方の女性でしたので、宿泊できる大きいアパートを借り上げ、そこで自炊しながら12人~15人が約6カ月間の訓練を受けました。
 
 技術を教える先生はカンボジア人女性を採用しましたが、2004年から2005年にかけ、2人の日本人女性がボランティアで指導してくれました。
 
 女性たちは、訓練を修了すると使ったミシンをもらい、地方の自宅へ戻りましたが、中にはそのミシンで仕立て屋を開業した女性もいました。
 
 縫製技術習得の職業訓練プロジェクトを終えて10年以上が経ちました。その後カンボジアも様変わりし、地方には縫製工場が沢山でき、多くの女性が働けるようになりました。

Photo_20191102092201 Photo_20191102092402

 

|

« 今も続く「鋳造によるアクセサリー技術講習会」 | トップページ | 娯楽のない農村の子どもたちにうけました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今も続く「鋳造によるアクセサリー技術講習会」 | トップページ | 娯楽のない農村の子どもたちにうけました »