« 活動21年目を迎えるに当たり思うこと | トップページ | 新しい校舎の建設が進んでいます »

2020年1月25日 (土)

大雨の中、着工式が行われました

当会は2003年に小学校校舎の建設を開始して以降、2019年12月までに、カンボジア全国に33の校舎を作り、それぞれ地元に贈呈しました。
 
 特に当会は、援助の手が届きにくいへき村の小学校を中心に校舎を贈呈してきました。
 その中で印象深かったのが「ソリヤ小学校」(コンポンスプー県オラル郡)の着工式でした。
 
 プノンペンから車で4~5時間かかるへき地で途中から道が途切れ、あとはバイクか、木材運搬車に乗るしか方法がありませんでした。
 
 2015年9月17日、雨季の真っ最中で大雨の中行われましたが、途中から木材運搬車に乗り換え30分、着いた時はずぶ濡れでした。座り心地が悪く、腰が痛くなりました。
 それでも着くと、地元の皆さんが着工式の準備をしてくれ、無事終了しました。
 帰りは雨がやんでいましたが、再び木材運搬車に乗せられて30分、広い道に出た時は感無量でした。
Dsc_0024 Dsc_0014

|

« 活動21年目を迎えるに当たり思うこと | トップページ | 新しい校舎の建設が進んでいます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 活動21年目を迎えるに当たり思うこと | トップページ | 新しい校舎の建設が進んでいます »